文部科学省

文部科学省「ミラメク」noteです。 この名称は、文部科学省のシンボルマークのモチーフ…

文部科学省

文部科学省「ミラメク」noteです。 この名称は、文部科学省のシンボルマークのモチーフである、「未来」を指し示す羅針盤と、英語略称 “MEXT”「メクスト」からとりました。 教育、科学技術・学術、スポーツ、文化についての取組事例やインタビューでのリアルな情報を紹介していきます。

マガジン

  • 文部科学省の広報誌「ミラメク」2024年春号

    「ミラメク -未来の羅針盤 文部科学省-」は、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化についての取組事例やインタビューでのリアルな情報を紹介する広報誌です。​​ この誌名は、文部科学省のシンボルマークのモチーフである、「未来」を指し示す羅針盤と、英語略称 “MEXT”「メクスト」からとりました。

  • 地域発!教育振興基本計画×実践事例レポート

    2023年6月16日に閣議決定された教育振興基本計画では、「持続可能な社会の担い手の育成」と「日本社会に根差したウェルビーイングの向上」を2つの大きなコンセプトとして掲げています。 今後、国の計画を参考にしながら、各自治体においても教育振興基本計画が策定されることになります。 「地域発!教育振興基本計画×実践事例レポート」では、各地域における計画の内容の具体的な取組の参考になるような情報・事例を発信していきます。

  • G7富山・金沢教育大臣会合レポート

    2023年5月に開催されるG7広島サミット(主要国首脳会議)関係閣僚会合として、令和5年5月12日(金曜日)~15日(月曜日)に、G7富山・金沢教育大臣会合を開催します。このマガジンでは、会合のレポートなどをまとめて投稿してまいります。

記事一覧

★ミラメク三役★文部科学省 政務三役はどんな人!?

こちらの「ミラメク三役」企画では、毎回ひとつのテーマに沿って大臣、副大臣、大臣政務官からエピソードを募り、その素顔に迫ります。 第1回のテーマは“思い出の桜”です…

22

ミラメクINTERVIEW 10兆円規模の大学ファンドは研究力復活の起爆剤となるか

2000年代半ば以降、低迷する日本の研究力。 この課題を解決する可能性を秘める「国際卓越研究大学法」が昨年11月に施行されました。公募は今年3月で締め切られ、4月から今…

28

■ミラメクポイント解説 ■子供の成長に伴走 たくましく学び続ける令和の時代の教師たちの姿~「新たな教師の学びの姿」の実現…

2022年12月、日々の学校教育活動を通じて子供たちの成長を支える教師について、養成・採用・研修等に関する中央教育審議会答申※が取りまとめられました。 Society5.0時代…

29

ミラメク現場から 和歌山発!~博物館をハブとして地域課題を解決「さわれる文化財レプリカ」&「お身代わり仏像」PROJECT~

今年4月に施行される改正博物館法。新しい制度では、博物館がハブとなり、学校や地域の団体などと連携して地域の活力向上に取り組むことが期待されています。 和歌山県立博…

49

文部科学省の広報note『ミラメク』始めました。

はじめまして。 文部科学省の広報官の小野賢志と申します。 2023年3月31日、私たちは文部科学省の広報誌をフルリニューアルし、『ミラメク ~未来の羅針盤 文部科学省…

63
★ミラメク三役★文部科学省 政務三役はどんな人!?

★ミラメク三役★文部科学省 政務三役はどんな人!?

こちらの「ミラメク三役」企画では、毎回ひとつのテーマに沿って大臣、副大臣、大臣政務官からエピソードを募り、その素顔に迫ります。
第1回のテーマは“思い出の桜”です。

大臣 永岡 桂子娘2人の子育てに孤軍奮闘していた時代、近所の仙川沿いの公園を通りかかり、息をのむような満開の桜に目を奪われました。しばらくそこに立ち尽くしてしまい、日頃の育児の大変さを束の間忘れて、ひたすらに桜色の空を見つめていまし

もっとみる
ミラメクINTERVIEW 10兆円規模の大学ファンドは研究力復活の起爆剤となるか

ミラメクINTERVIEW 10兆円規模の大学ファンドは研究力復活の起爆剤となるか

2000年代半ば以降、低迷する日本の研究力。
この課題を解決する可能性を秘める「国際卓越研究大学法」が昨年11月に施行されました。公募は今年3月で締め切られ、4月から今秋にかけて段階的に大学が絞り込まれます。
研究振興局・森晃憲局長に、この制度にかける思いを聞きました。

圧倒的な資金力の差が
日本の大学の困難の一因——国際卓越研究大学制度とはなんですか。その目的、事業の背景は?

10兆円規模の

もっとみる
■ミラメクポイント解説 ■子供の成長に伴走 たくましく学び続ける令和の時代の教師たちの姿~「新たな教師の学びの姿」の実現に向けて~

■ミラメクポイント解説 ■子供の成長に伴走 たくましく学び続ける令和の時代の教師たちの姿~「新たな教師の学びの姿」の実現に向けて~

2022年12月、日々の学校教育活動を通じて子供たちの成長を支える教師について、養成・採用・研修等に関する中央教育審議会答申※が取りまとめられました。
Society5.0時代の到来やGIGAスクール構想をはじめとして、社会や学校現場を取り巻く環境は大きく変わっていますが、教師が公教育の要であることは変わりません。
今回は、この答申、「令和の日本型学校教育」を担う教師の養成・採用・研修等の在り方に

もっとみる
ミラメク現場から 和歌山発!~博物館をハブとして地域課題を解決「さわれる文化財レプリカ」&「お身代わり仏像」PROJECT~

ミラメク現場から 和歌山発!~博物館をハブとして地域課題を解決「さわれる文化財レプリカ」&「お身代わり仏像」PROJECT~

今年4月に施行される改正博物館法。新しい制度では、博物館がハブとなり、学校や地域の団体などと連携して地域の活力向上に取り組むことが期待されています。
和歌山県立博物館(以下、博物館と略称)は、和歌山県立和歌山工業高等学校(以下和歌山工業高校と略称)、和歌山大学等と連携し、地域課題解決に取り組みました。その活動を紹介します。

「さわれる文化財レプリカ」&「お身代わり仏像」PROJECTは、和歌山工

もっとみる
文部科学省の広報note『ミラメク』始めました。

文部科学省の広報note『ミラメク』始めました。

はじめまして。

文部科学省の広報官の小野賢志と申します。

2023年3月31日、私たちは文部科学省の広報誌をフルリニューアルし、『ミラメク ~未来の羅針盤 文部科学省~』(以下、『ミラメク』と呼びます。)を創刊しました。

この名称は、文部科学省のシンボルマークのモチーフである、「未来」を指し示す羅針盤と、英語略称 “MEXT”(メクスト)からとりました。

かつては紙による定期刊行物が、数少

もっとみる